葬儀費用はローンを組んで支払う事ができますか?

かれこれ十年以上あっていない父が死亡したとの知らせが届きました。家を離れてからこれくらい会っていない事からあまり仲も良くないので、冷たいと思うかもしれませんが、時に悲しいとも思いませんでした。数年前に母が亡くなってからより疎遠だったので、より一層という感じです。

しかし他に子供も居なかった為に私が葬儀を行う事になったのですが、この葬儀費用はローンを組む事ができましたか?今私がしている仕事は趣味の延長線上みたいなものでして、お世辞にも高収入とは言えません。それに関しては割り切っているので良いのですが、今回みたいな急な出費に対応するのは、些か難しいと言わざるを得ません。そこまで盛大なものでないにしても、葬儀って結構かかってしまうみたいで…。

だから、仕方なくローンを組んで、それでゆっくり払っていけるのが一番だと思います。でもローンが組めないとそうもいきませんので、組めるかどうかを教えて下さい。

目的別ローンに葬儀ローンもあります

親が死んだら子供はみんな悲しい…と言いたいところだけど、疎遠だった親との別れだとそうなってしまうのも無理は無いね。特に仲が悪かった親だとそれも顕著で、葬儀代すら煩わしいと火葬のみで済ませるという人も多いみたいだ。だから、多少プランの変更から初めても良いかもね。

そして葬儀でローンが組めるかどうかで言うと、もちろんあるよ。銀行とかが提唱している目的別ローンの中にはこうした葬儀向けのローンがあって、場合によっては葬儀会社がローンの組み方について丁寧に教えてくれるよ。というよりもこうした手続きもきちんとしてくれるのがまともな葬儀会社だろうから、頼むべき場所についてはしっかりと選ぶ事だね。事前に電話などをして、ローンについて聞いてみるのも良いんじゃないかな?

後、こうした目的別のローンだと毎月の支払いもそこまできつくないというか、こちらの都合を比較的聞いてくれやすいよ。金利も安めである事から、収入が心許ないという場合でも、結構何とかなるみたいだ。ただ、冠婚葬祭を取り扱う会社と相談していると盛大なプランとかを盛り込まれる可能性があるから、お金に余裕が無いとその変は最初にきっちり言っておくことだね。じゃないと、ローンだからとかなりの額に計上される事も無いとは言えない。

とにかく、葬儀でローンというのは珍しい事じゃ無いから、葬儀会社や金融業者としっかりと相談してみるのがおすすめだよ。遺産などがあった場合、そちらの活用も含めて考えてみても良いだろうしね。

葬儀費用はカードローンからの借入が便利である

葬儀費用というのは急に必要となることが多く、預金に余裕がなければ費用を用意することが非常に大変になります。このような場面でカードローンを持っていると、簡単に葬儀費用を用意することができるので便利です。

まず、基礎知識として知っておきたい事がカードローンというのは使途が自由になっているので、生活の中でどのような目的の為でもお金を借入することができます。しかも、その借入のタイミングというのは自分の好きなタイミングで借りることができるので、この点が使い勝手の良いものです。人によっては、普段からお金を借りることが無くても、上記のように葬儀費用など急な出費に備えて契約をしている人もいます。

どのくらいの金額を借入できるのか、これは限度額によって違いがあります。申し込みをしたらどの会社においても審査を受けることになり、審査によって契約できるかどうかが決まると同時に限度額と借入利率も決まることになっています。こうして、自分に限度額が与えられるという仕組みになっているので、その限度額の中から好きな金額をいつでも借入できるようになります。

ちょっとした豆知識としては、高額な限度額をもつことは借り過ぎた場合を考えると大きなプレッシャーになりやすいですが、高額な限度額をもつことができると、借入利率は低金利になってくるので、葬儀費用など大きな金額を借りる場合はメリットになります。そのため、契約先となる会社選びをする時に限度額や金利についてしっかりと情報を比較して選ぶと良いです。

今ではとても簡単に申し込みをすることができ、インターネットから申し込みをしたり自動契約機から申し込みをするなど、様々な手段でカードローンの申し込みをすることができます。葬儀費用が今すぐに必要という場合でも、即日融資をしてくれる会社なら、その日に契約をして借り入れする事も可能になってくるので、費用が足りないときは参考にして申し込みをしてみると便利です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ※安心感抜群!※個人事業者向けカードローンならこのサイト! All Rights Reserved.